美容

老化の原因になる「活性酸素」とは?

老化の原因になる「活性酸素」。

この活性酸素はどのようにして体内で発生しているのでしょうか?

活性酸素が作られる要因とその対処法について説明していきます。

そもそも「活性酸素」とは何なのか?

人が、活動し生きていくためには、エネルギーが必要です。

そして、そのエネルギーは、体の細胞内にあるミトコンドリアというところで、栄養素を分解して作り出されています。

そのエネルギーを作り出す過程において、副産物として発生しているものが「活性酸素」になります。

活性酸素は、人が一回呼吸をすると、そのうちの約2%生成されると言われています。

活性酸素 = エネルギー生成の副産物

一回の呼吸のうちの約2%

2つの活性酸素

活性酸素には「善玉の活性酸素」「悪玉の活性酸素」があります。

善玉の活性酸素は、体内に細菌やウイルスが侵入してきた場合に、それを撃退する役目があり、白血球により使用されます。

悪玉の活性酸素は、体内に溜まっていくと「細胞を酸化させる」「細胞膜を破壊する」「DNAを傷つける」など体内のあちこちで細胞に害を与えます。

悪玉の活性酵素が細胞に害を与える行為が、老化や肌トラブルの原因になります。

善玉活性酵素 ⇒ 細菌やウイルスを撃退

悪玉活性酸素 ⇒ 老化や肌トラブルの原因

「活性酸素」によるお肌のトラブル

活性酸素を原因に、お肌には”老化現象”が起きます。

この老化現象は「シミができる」「潤いやハリがなくなる」などの症状が代表的です。

シミができる

活性酸素による肌トラブルの中で、一番代表的なものがシミです。

女性にとって、シミができることは恐怖と言ってもいいのではないでしょうか。

ただ、シミは紫外線から体を守るための自己防衛の結果生まれたものです。

シミを作らないためには、日ごろからの紫外線対策が重要になります。

潤いやハリがなくなる

活性酸素が増えると、肌に潤いやみずみずしさを与えてくれているコラーゲンやエラスチンなどの成分も酸化してしまいます。

成分が変化することにより、潤いやハリ、弾力などが失われてしまいます

その結果、しわもできやすくなります。

シミができるしくみ

お肌に「シミ」ができるしくみをまとめてみました。

①紫外線からお肌へ攻撃により活性酸素の増加

活性酸素は少量であれば体内に入った細菌やウイルスから体を守る役目をします。

しかし、その量が大量になると体を攻撃してしまい、それが老化現象に繋がることになります。

紫外線は太陽の光に含まれ、人の体には有害であるため、浴びすぎてしまうと体を守るために大量の活性酸素が生み出されてしまいます。

②活性酸素からお肌を守るメラニン色素

活性酸素は少量であれば体に害はありませんが、大量になると悪玉活性酸素として体に害を及ぼし始めます。

その時に登場するのが、メラノサイトという細胞で、活性酸素からの攻撃を緩和する働きがあります。

メラノサイトは、活性酵素からの攻撃を緩和する際に、メラニン色素を作り、これがシミの原因になります。

メラニン色素は、活性酸素からの攻撃をすべて引き受けることで肌を守っています。

その結果、紫外線を浴びると肌が黒くなります。

肌が黒くなるのは、メラニン色素が活性酸素と戦った証拠になります。

③残ったメラニン色素がシミになる

肌の細胞は絶えず新陳代謝を繰り返しています。

そのため、通常の日焼けでは時間が経てば、代謝により元の肌色に戻ります。

夏に日焼けをしても徐々に白く元の色に戻るのはこのためです。

しかし、紫外線を浴びすぎてしまうと、その活性酸素の量に合わせて大量のメラニン色素が作られてしまいます

こうなると、新陳代謝で追いつけなくなり、色素が残ってしまいます。

この残った色素がシミになります。

歳を取るほどシミができやすくなるのも、老化現象により肌の新陳代謝が弱まっているからです。

「活性酸素」が作られる要因

通常の呼吸によって取り入れた酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。

その他、生活の中でのさまざまな要因によって活性酸素は発生します。

ご自分の生活の中で活性酸素が発生する要因がないかチェックしてみましょう。

☐ ストレスがある

☐ タバコを吸っている

☐ アルコールを飲みすぎることが多い

☐ 激しい運動をする

☐ 太陽の光(紫外線)を浴びることが多い

活性酸素は、普段から普通に生活しているだけでも体の中で作られているものです。

また、善玉の活性酸素があるように、適量であれば体にとって悪いものではありません。

ただ、体の中に増えすぎてしまうといけません。

あてはまる要因がある方は注意しましょう。

☑ ストレスがある方

人の体は、ストレスを受けるとそれに対抗しようとします。

その対抗策は副腎皮質ホルモンの分泌です。

活性酸素は、副腎皮質ホルモンの分泌の際に一緒に作られます。

つまり、ストレスが多いほど活性酸素は増えていきます。

ストレスを溜めやすい方は要注意です。

また、ストレスが溜まっていると体内のビタミンCの消費量も増加します。

ビタミンCは、抗酸化作用が強いので、消費量が増加することによって、活性酸素の勢力が強くなっていきます。

ストレスを溜めやすい方はビタミンCの摂取を心掛けましょう。

☑ タバコを吸っている方

タバコは活性酸素発生の大きな要因になります。

タバコに含まれるタールなどの有害物質が体内に入ると、細胞を守ろうとして活性酸素が増加していきます。

ストレスを溜めることによりタバコを吸う方は、活性酸素をどんどん増加させていることになるので注意が必要です。

☑ アルコールを飲みすぎることが多い方

アルコールは、適量であればストレスの発散にも繋がり、体内の活性酸素を減少してくれるはたらきがあります。

しかし、それも適量の飲酒を守られたときのみです。

体内でアルコールを分解する際にも活性酸素は発生します。

普段から多量の飲酒をされる方は注意が必要です。

何事もほどほどが肝心です。

☑ 激しい運動をされる方

適度な運動は、健康増進、気分転換によるストレス減少につながります。

しかし、運動をすると呼吸数が増加しますので、酸素量が増えることになります。

そのため、激しい運動をされる方は、必然的に活性酸素に発生量も増加するということになります。

また、運動時には体温が上がりますが、体温上昇も活性酸素の発生量を上げる要因になります。

☑ 太陽の光(紫外線)を浴びることが多い方

太陽の光の中には紫外線が含まれています。

そして、紫外線を浴びると体を守るために活性酸素が発生します。

特に、肌に直接浴びた場合には多くの活性酸素が発生しますので注意が必要です。

日焼け止めや日傘など紫外線対策をしっかりしましょう。

紫外線について

紫外線は太陽の光の中に含まれています。また、その波長の長さによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3つに分類されます。よく聞く「UVカット」とはこのUVからきています。「UV-A」は色素沈着の原因になり、「UV-B」は日焼けの原因になります。

紫外線の目(眼球)への影響

目は光を感知して脳に伝える働きをしています。他の臓器と違う部分は、外部にさらされているため直接的なダメージを受けやすいことです。

【角膜炎】紫外線の影響により、黒目の表面に傷がつき炎症を起こす病気です。眼の充血、目の痛み、涙が止まらないなどの症状が出ます。

【白内障】紫外線の多くは角膜で吸収されますが、その波長によっては目の奥にまで到達してしまうことがあります。目の奥には水晶体や網膜があり、水晶体のタンパク質に変化が起こります。そのタンパク質の変化により、目の中が白く濁り「白内障」になります。症状が進むと失明の危険もありますが、手術ですぐによくなります。

皮膚への影響

皮膚が紫外線を浴び、活性酸素が発生すると、まず皮膚の脂質が酸化し、過酸化脂質が作り出されます。この過酸化脂質は肌のシミを生む温床になります。また、同時にコラーゲンや繊維組織なども参加するので、肌のみずみずしさは失われ、シワのできやすい肌になっていきます。

「活性酸素」への対処法

活性酸素の増加する要因についてお話ししました。

では、「活性酸素への対処法」はどのようにしたらよいのでしょうか?

先ほど活性酸素が発生する要因についてチェックをしていただきましたが、チェック項目に該当するものがあった場合には、それを減らすことを心掛けることが大切です。

ストレスをできる限り溜めない

タバコを吸わない

アルコールの飲みすぎに注意する

適度な運動を心掛ける

過度の日焼けなどに注意する

上記の項目を確認すると、不摂生せずにバランスの良い食生活と、規則正しい生活を送ることが一番の活性酸素への対処法になることがわかります。

今はストレス社会であり、社会に出て、まったくストレスがないという方はいないと思います。

ただ、そのストレスを受け止め、お酒やたばこで解消するのではなく、適度な運動や気分転換でうまくストレスを発散し生活していくことが活性酸素の増加の予防になります。