コミュニケーション

コミュニケーションの重要性!効果的なコミュニケーションの8つのポイントとは?

コミュニケーションとは何か?

人は日常的に誰かと会話をし、誰かと繋がり生活をしています。

その会話や繋がりの基本となるものがコミュニケーションです。

コミュニケーションとは、人間関係の基本であり二人以上の人間同士が互いに意思や感情を伝達し合い、共有化する過程のことをいいます。

人は適切なコミュニケーションをとることにより、態度や行動の変容が期待できます。

日常において、人は誰かと合うと「挨拶」をします。

この挨拶は、コミュニケーションの基礎となるものです。

「挨」には、”ひらく” などの意味合いがあり、「拶」には、”せまる” などの意味合いがあります。

つまり、挨拶とは ”心をひらき、相手にせまる” という意味合いがあります。

理想的なコミュニケーションの形

人は、コミュニケーションにおいて互いに意思や感情を伝達し合い、共有化します。

その共有化においては、双方向の情報のやり取りが通常の形であり、理想的な形(Win-Winの関係)になります。

もしも、片側だけの情報を搾取する形の伝達になると、情報を搾取された側には不満が残ります。

あくまでもコミュニケーションは、双方向の情報のやり取りが基本であり、理想的です。

Win-Winの関係を築くコミュニケーションを行うためには、積極的傾聴と健全な自己主張(アサーション)が大切です。

お互いに相手の言いたいことを引き出し、言うべきことをはっきりと言える関係がWin-Winの関係を形成します。

コミュニケーションの方法

コミュニケーションには、「言語によるもの」「非言語によるもの」の2つの方法があります。

言語によるコミュニケーションは、日常の会話やメール、手紙などがそれにあたります。

基本的に人は言語によるコミュニケーションを中心に生活しています。

非言語によるコミュニケーションは、身振り、手振りやしぐさ、あいづち、アイコンタクトなどにあたります。

非言語によるコミュニケーションは言語によるコミュニケーションの補完的役割を果たしています。

外国の人と話す時に、言葉が通じないととても苦労します。

それだけ言語によるコミュニケーションというものは、人がコミュニケーションを取る際にとても重要な役割を果たしています。

職場においてのコミュニケーション

職場においては会社の方針や目標が存在し、上司から部下への指示・命令があり、スタッフ同士がやり取りをし、業務に取り組んでいきます。

職場においては、行っている業務に対する情報を共有することで、その業務の進捗度や達成度が大きく変化し、それにはコミュニケーションがどれだけ取れているかも重要です。

そして、そのコミュニケーションはメールや電話だけのやり取りではなく、できるだけ顔と顔を合わせたコミュニケーションが効果的なコミュニケーションの取り方になります。

職場においては、役職や年齢、派閥などコミュニケーションを阻害するものも多く存在し、その阻害する因子を取り除いていくことも重要なことになります。

コミュニケーションを阻害するもの
  • 組織の壁
  • 派閥
  • 縄張り意識
  • 先入観
  • 地位の差
  • 年齢別の考えの違い
  • 固定概念
  • 価値観の違い

コミュニケーションを効果的に進めるために

コミュニケーションの理想的な形はWin-Winの関係ですが、その形になるようには一方的に自分の意見を言ってばかりでもダメだし、相手の意見ばかり聴いていてもダメです。

コミュニケーションを効果的に進めるために8つのポイントがあります。

  1. 相手に伝えることを明確にしておく
  2. 共通の言葉で話をする
  3. 誠意を示す
  4. 根気よく、相手が理解できるように話をする
  5. 相手の言うこともよく聴く
  6. 相手の立場を考える
  7. 相手の意図を理解する
  8. お互いに信頼し合う

この8つのポイントをおさえて、コミュニケーションを効果的に進めWin-Winの関係を築きましょう。

まとめ

人と人が繋がるためにコミュニケーションは必須のものです。

それは日常生活においても、仕事の場においてもです。

人とのコミュニケーションにおいて常にWin-Winの関係が築けているのならば、人と繋がりを持つことは楽しいものになります。

人付き合いが苦手な人は、このWin-Winの関係を築くことが苦手であり、コミュニケーションスキルが他の人よりも劣っている可能性があります。

積極的な傾聴ばかりしていても気疲れしてしまいますし、自己主張(アサーション)ばかりしていても周りからは煙たがられてしまいます。

コミュニケーションを効果的に進めるポイントをおさえ、自分のコミュニケーションスキルを高めていきましょう。