美容

白髪が生えるメカニズム!!白髪を増やさない食生活とライフスタイルで白髪を改善!!

年齢と共に増えてくる「白髪」。

なぜ白髪は生えてくるのでしょうか?

白髪が生えてくるメカニズムと白髪を増やさない食生活・ライフスタイルについて考えてみます。

髪の毛の構造を知ろう

毛穴から生えている髪の毛。

この髪の毛はどのような構造になっているのでしょうか?

白髪の原因を探る前に、まずは髪の毛の構造を知っておきましょう。

髪の毛は、中心部分から「メデュラ」「コルテックス」「キューティクル」の3層の構造で成り立っていて、それぞれが髪にとって重要な役割を果たしています。

キューティクルは、日頃からよくきく言葉ですね(*^^*)

メデュラ、コルテックス、キューティクルのそれぞれの役割を下に書き出しました。

メデュラ

・髪の芯にあたる部分

コルテックス

・メラニン色素を含む軟らかいタンパク質で構成

・髪の性質を決める主要な組織

キューティクル

・透明なガラス状のタンパク質

・髪の内部を保護しツヤや指通りを左右する

【カラダ】白髪が生えるメカニズム!!白髪を増やさない食生活とライフスタイルで白髪を改善!!

髪の色はどのように決まるのか?

では、次に髪の毛の色がどのように決まるのかを説明していきます。

髪の毛の色には、通常の黒い色や白髪のような白い色、人種によっては金色やブロンドなど様々な色があります。

  • 金色
  • ブロンド

この髪の色はどのように決まっているのでしょうか?

髪の色 = メラニン色素の量

さきほど、髪の毛の構造を説明しましたが、髪の色はコルテックスの中に含まれるメラニン色素の量で決まります。

メラニン色素の量が多いほど、髪の毛の色は黒に近づき、少ないほど白に近づいていきます。

つまり、黒髪ほどメラニン色素の量が多く、白髪ではメラニン色素の量はほとんどないということです。

【カラダ】白髪が生えるメカニズム!!白髪を増やさない食生活とライフスタイルで白髪を改善!!

メラニン色素の量の違いはいつ起こる?

髪の毛の色はメラニン色素の量で決まります。

なぜ髪の毛の中のメラニン色素の量に違いがうまれるのでしょうか?

これは、髪の毛が成長する過程でメラニン色素を取り込んでいることに関係しています。

髪の毛がメラニン色素を取り込む・・・。

いまいち理解が難しいです(^_^;)

まずは、髪の毛のできるしくみを知って、メラニン色素がどのように髪の毛に取り込まれているのかを理解しましょう。

髪の毛のできるしくみ

髪の毛は、下に記載したながれで作られていきます。

毛根にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込み毛母細胞へ供給する

栄養を得た毛母細胞は分裂を繰り返し毛髪を作る

毛母細胞の周りにあるメラノサイトという色素生成細胞でメラニン色素が作られる

髪の毛は毛根で成長する過程でメラノサイトからメラニン色素を取り込む

頭皮から黒髪として生えてくる

メラニン色素は、髪の毛が毛根で成長する過程でメラノサイトから取り込まれていることがわかります。

つまり、メラノサイトから取り込むメラニン色素の量で、髪の毛の色が決まるということです。

メラノサイトの機能低下によって増える白髪

髪の毛は、メラノサイトという色素生成細胞により作られたメラニン色素を取り込むことで黒い色に近づいていきます。

このメラノサイトがメラニン色素を作るには、チロシナーゼという酵素の働きが必要です。

そのため、加齢など様々な原因により、チロシナーゼという酵素が減少してしまうと、メラノサイトの機能は低下し、メラニン色素も作られなくなります。

メラニン色素が作られないということは、髪の毛は取り込むメラニン色素がなく、色が着かないまま頭皮から生えてくることになります。

これが、白髪が生えてくる原因です。

また、メラノサイト自体が無くなってしまうこともあり、このことも白髪の原因になります。

現在、チロシナーゼとメラノサイトの減少についてはきちんと解明されていないため、白髪染めなどのカラー剤で直接的に白髪を染めるか、食生活やライフスタイルの改善で白髪の予防をするしかありません。

白髪が生えるしくみ

メラノサイトのチロシナーゼが減少

メラノサイトの機能低下

生成されるメラニン色素の量の減少

髪の毛が取り込むメラニン色素の量の減少

髪の毛が白くなる

白髪を増やさないための食生活とは?

現在、「白髪を黒髪にする食べ物」というものは見つかっていません。

ですが、髪の毛に良い食べ物についてはわかっています。

そのため、白髪を増やさないために、常日頃から栄養バランスを考えた食生活をしていくことが重要です。

髪の毛に重要な栄養素をまとめてみました(*^_^*)

カルシウム

カルシウムには、メラニン色素を作るメラノサイトを活発にする働きがあります。カルシウムを多く含む食材には、乳製品・大豆・小松菜・小魚などがあります。

銅イオンと結びつくことで、メラニン色素を作る酵素は活発になります。銅を多く含む食材には、イカ・レバー・大豆・干しエビなどがあります。

タンパク質

タンパク質は髪の主成分を構成しています。良質なタンパク質を摂ることで健康な髪を保つことができます。タンパク質を多く含む食材には、肉類・魚介類・卵・大豆・乳製品などがあります。

ビタミン

ビタミンB群は、タンパク質の代謝に関係しています。また、ビタミンEは血行を促進し、髪に栄養分を届ける働きをします。ビタミンB群を多く含む食材には、豚肉・大豆・キノコ類などがあり、ビタミンEを多く含む食材には、魚介類・肉類・大豆などがあります。また、ビタミンはサプリメントでも摂取することができます。

白髪を増やさないライフスタイルのすすめ!!

白髪が生えてくるタイミングは、人それぞれ違います。

生えない人もいますし、前髪の一部だけに生える人、表面上は生えていなくても中の方に大量に生える人などいろいろです。

何歳ぐらいから白髪が生えるかもわかりません。

そのため、はじめて白髪を見つけたときはとてもショックです。

白髪は生活習慣やストレスとも関係している言われているので、ライフスタイルを見直し、できるだけストレスのない生活を心掛けましょう。

このストレスというのは、自分にとって嫌なことだけを指すわけではありません。

運動不足により硬くなった体のコリや夜遅くまでの携帯やパソコン作業なども体にとってはストレスにあてはまります。

週に一度ジムに通い運動をする、シャワーではなくお風呂につかるようにする、眼精疲労の予防に目を休ませるなど、自分に合った身体をリラックスさせる方法を見つけることで、少しでもストレスレスなライフスタイルを身につけるようにしましょう。

白髪が生えたから何かをするのではなく、白髪がないときからもケアを行っていくことが大切です。