健康

高血圧の恐ろしい影響と対処法

不規則な生活習慣によってもたらされる「高血圧」。

この高血圧には恐ろしい影響があります。

今回は、高血圧がもたらすリスクとその対処法について説明します。

血圧について

血圧は、心臓から送り出された血液が血管を押す力のことで、最高血圧が140mmHg以下、最低血圧が90mmHg以下の状態が正常とされています。

最高血圧 140mmHg以下

最低血圧 90mmHg以下

【カラダ】血圧の正常値!!ライフスタイルによる血圧の変動への影響とは?

【カラダ】血圧の正常値!!ライフスタイルによる血圧の変動への影響とは?

普段、リラックスしているときには血圧は一定の値を保っています。

ただ、環境の変化や日頃の生活習慣によって、すぐに変動してしまいます。

血圧を変動させる要因は多くのものがあります。

https://body.kuwashira.com/blood-pressure-fluctuation/

高血圧とは?

「高血圧」はその名の通り”高い血圧”のことです。

先ほど説明しましたが、血圧には正常値があります。

その正常値よりも高い血圧であった場合には「高血圧」となりますが、実際には血圧が正常値よりも高い状態が続いている状態のことを言います。

高血圧 = 血圧が高い状態が続いていること

この高血圧はその原因により「一次性高血圧」「二次性高血圧」の2つに分類されます。

一次性高血圧も二次性高血圧も、血圧を上げる要因は明らかにされていて、塩分の摂りすぎ・血管の老化・ストレス・過労・運動不足・肥満・遺伝的要因などに影響されます。

血圧を上げる要因

塩分の摂りすぎ

血管の老化

ストレス

過労

運動不足

肥満

遺伝的影響

一次性高血圧

一次性高血圧は「本態性高血圧」とも呼ばれます。

特に異常がないのに血圧が高くなり、遺伝的な要因が関係すると言われています。

二次性高血圧

腎臓病やホルモン異常など、原因となる疾患がある高血圧症をいいます。

二次性高血圧は原因となる疾患が改善されると、高血圧も改善されます。

高血圧の恐ろしい影響とは?

「高血圧」は常に血圧が高い状態にあることを言います。

では、高血圧の状態にあることで、体にはどのような影響があるのでしょうか?

高血圧とはどのような状態か?

心臓は常に血液を体全体に送り出しています。

そして、送り出された血液は血管を通って全身をめぐっています。

血圧は、心臓から送り出された血液が血管を押す力のことです

つまり、高血圧の状態は常に血液が強い力で血管を押していることになります。

【カラダ】高血圧による恐ろしい影響とは?高血圧への対処法!!

動脈硬化の発症

高血圧の状態が長く続くと、血管も強い圧力に対抗しようと弾力を失い硬く変化します。

この血管が硬くなった状態を「動脈硬化(どうみゃくこうか)」と言います。

動脈硬化が起こり血管が硬くなると、血液の流れる抵抗はさらに大きくなり、血圧はますます上昇していきます。

つまり、高血圧が動脈硬化を引き起こし、動脈硬化が高血圧を引き起こすという悪循環が続くことになります。

【カラダ】高血圧による恐ろしい影響とは?高血圧への対処法!!

動脈硬化を原因とした病気

高血圧で動脈硬化が起こることも体にとって良いことではありませんが、それ以上に恐ろしいことは、動脈硬化を原因とした合併症です。

血管は心臓から体の中のいろいろな臓器に繋がっています。

その血管がすべて硬くなってしまうのが動脈硬化です。

つまり、動脈硬化になってしまうとどこの臓器で病気が起こってもおかしくない状態になってしまいます。

頭であれば脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血など、心臓であれば狭心症や心筋梗塞など、動脈硬化になることにより、いろいろな病気の発症リスクは高まります。

高血圧への対処法!!運動で血圧を下げよう!!

高血圧になってしまう原因の多くは、ライフスタイルの乱れによる不摂生です。

それならば、そのライフスタイルを見直すことで血圧を正常値に戻すことができます。

血圧を正常値に戻すために最も有効な手段は「運動」です。

適度な運動は血圧を下げる効果があるからです。

特に、初期の高血圧には運動がとても有効です。

運動を継続的に行うことにより、次第に心臓や肺の働きは向上し、またその他の体の各部の機能も鍛えられてきます。

そのため、血圧だけではなく、肥満や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病に対しても良い効果を及ぼします。

高血圧には有酸素運動が効果的

運動には「有酸素運動」「無酸素運動」があります。

有酸素運動は、あまり激しくなく、しっかり酸素を取り込みながら行う運動で、ウォーキングやジョギングなどにあたります。

無酸素運動は、一瞬息を止めて力を振り絞る運動で、筋力トレーニングや短距離ダッシュなどにあたります。

高血圧には「有酸素運動」が効果的で、1回の運動を30分以上、毎日行うか、できなければ2日に1度は行うようにすることが重要です。

逆に、「無酸素運動」は瞬間的に血圧が上がってしまうため、血圧が高い人にはあまりいい影響を与えません。

毎日30分以上の有酸素運動

それが無理でも2日に1度は運動を!!

有酸素運動(エアロビクス)

有酸素運動は、しっかり酸素を取り込みながら行う運動

  • ウォーキング
  • ジョギング(軽めのもの)
  • サイクリング
  • 水泳

無酸素運動(アネロビクス)

無酸素運動は、一瞬息を止めて力を振り絞る運動

  • 筋力トレーニング(腕立て伏せ、懸垂など)
  • 短距離ダッシュ

まとめ

血圧が常に高い状態にある「高血圧」は、動脈硬化を引き起こし、さらには、脳梗塞や脳出血などの脳卒中、狭心症や心筋梗塞などの心疾患など様々な合併症を引き起こします。

高血圧はそのほとんどがライフスタイルの乱れを原因として起こるため、常日頃から高血圧にならないライフスタイルを心掛けることが大切です。

高血圧には、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が有効で、1回の運動を30分以上、毎日行うか、できれば2日に1度は行うようにすることが重要です。

ご自分のライフスタイルを見直し、健康な体を維持していきましょう。