美容

「水素水」の効果と効能とは?

エイジングケアなどの美容効果だけでなく、多くの疾患への改善効果が認められている「水素」。

最近では「水素水」としても人気があります。

水素水についてまとめてみました。

水素水とは?

「水素水」は、エイジングケアや多くの疾患への改善効果が期待されています。

最近では、ドラックストアやコンビニ、インターネットなどでも手軽に購入できるようになりました。

ただ、水素水と言われてもいまいちよく分からない方も多いと思います。

まずは、水素水がどのようなものなのかを知っていきましょう。

水素水は、学術的には水素豊富水と呼ばれています。

”水素が豊富な水” まあ、そのままですね。。。

ですが、分子状水素医学シンポジウムで、きちんと水素水がどのようなものか定められていて、”0.08ppm以上の水素を含んだものを「水素水」と定義する”とされています。

水素水 = 0.08ppm以上の水素を含んだもの

ここで、ppm:parts ter million(ピーピーエム)とは、100万分のいくらかという割合を示す単位で、1ppm=0.0001%を表します。

つまり、0.00008%の水素を含んでいれば水素水となるわけです。

水素のはたらき

先ほど説明しましたとおり、水素水には通常の水より多くの「水素」が含まれています。

では、水素はどのようなはたらきをしているのでしょうか?

人は、身体の機能を維持するために呼吸を行い、体の中に酸素(O)を取り込みます。

その呼吸によって取り込んだ酸素を利用するわけですが、その際に「活性酸素」と呼ばれる化合物が作られてしまいます。

この活性酸素には、「善玉活性酸素」「悪玉活性酸素」の2種類があり、前者は人体にとって良いものですが、後者は人体に悪い影響を与えるものです。

ちなみに、悪玉活性酸素は老化現象の原因の一つです。

善玉活性酸素 = 人体にとって良い影響

悪玉活性酸素 = 人体にとって悪い影響

ここで水素(H)が重要になってきます。

体に水素を取り込むと、悪玉活性酸素と反応して”水(H2O)”へ変化し、身体の外へ汗や尿として排出されます。

悪玉活性酸素と反応するので、善玉活性酸素とも反応するのではと考えられる方がいるかもしれませんが、水素悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルという成分とのみ反応を起こすので善玉活性酸素が体から減ることはありません。

つまり、水素水には老化の予防や健康増進への期待を持つことができます。

水素は悪玉活性酸素のみと反応

水へ変化し、汗や尿になる

水素水の美容効果とダイエット効果

先ほど説明した悪玉活性酸素ですが、加齢による抗酸化物質の減少や紫外線の皮膚への照射によっても増加します。

そして、悪玉活性酸素の増加によってシミ、そばかす、シワなどの発生にも繋がります。

このような状態を防ぐために、体に水素を取り込み、悪玉活性酸素を除去することが重要です。

また、水素は血液中のコレステロールや無駄な脂肪の吸収を抑制する働きもあり、それに加え新陳代謝を上げる効果も期待されています。

体の中の悪玉活性酸素を除去し、コレステロールなどの吸収を抑え、新陳代謝を上げる。

日頃からジムに通うなどの運動の中に水素水の摂取を取り入れることで、大きな美容効果とダイエット効果を望むことができます。

水素水の効果

悪玉活性酸素の除去

コレステロールの吸収抑制

新陳代謝を上げる

⇩⇩⇩

美容効果・ダイエット効果

水素水の選び方

美容効果とダイエット効果の高い水素水ですが、実際にどのようなものを選べばいいのでしょうか?

水素水の選び方を調べてみました。

水素濃度が表示されているものを選ぶ

水素水は、0.08ppm以上の水素を含んだものと定義されています。

そのため、008ppm以上の水素を含んでいれば、水素水として売り出せるわけです。

できる限りどの程度の水素濃度なのか確認できるものがよいです。

1.57ppm程度の水素濃度の水素水を選ぶ

水素水は、水に高い圧力をかけ水素を溶かすことで生成します。

水素は、高い圧力さえかければ、いくらでも溶けていくので、非常に高い濃度の水素水を製造することも可能です。

しかし、どれだけ高濃度の水素水であっても、生成直後のものでない限り、少しずつ濃度が下がっていきます。

また、1.57ppm以上の水素水の場合、容器のふたを開けた瞬間に1.57ppm以上の水素は抜けてしまいます。

つまり、1.57ppm程度の水素濃度の水素水で充分ということになります。

アルミパウチ容器使用の水素水を選ぶ

ペットボトル容器の場合、容器の小さな隙間から気体の「水素」が空気中に放出されてしまいます。

そのため、ペットボトル容器のものは、飲むときに水素がまったく入ってないということもありえます。

できる限りアルミパウチ容器使用の水素水を選ぶことが大切です。

水素水の選び方

水素濃度が表示されているもの

1.57ppm程度の水素濃度の水素水

アルミパウチ容器を使用したもの

まとめ

水素水とは、0.00008%の水素を含んだ水のことをいい、その働きは、シミやそばかす、老化現象などの原因になる体内の悪玉活性酸素と反応し、除去してくれるすばらしいものです。

また、コレステロールの吸収も抑えるためダイエット効果も得られます。

ただ、その保存には難点があり、ペットボトルでは水素が抜け出てしまうので、アルミパウチ容器での保存が必要になります。

それでも、水素水を飲むだけでよいというのは抵抗なくできそうです。

ぜひ普段の生活に取り入れてみてください(*^^*)