リーダースキル

「指示・命令」を与えるときの5つのポイントとは?

職場のリーダーは、自分一人で仕事をしていくわけではなく、部下に業務を振り分けて仕事をこなしてもらわなければなりません。

職場のリーダーは、部下に仕事を与えるときには、その指示・命令の出し方を工夫することが必要です。

これは、部下がその与えられた業務に対してどれだけ意欲的に取り組めるかにも関わってきます。

リーダーはトップダウンでただ命令を与えるのではなく、部下の能力を理解し、指示・命令を与えることが大切です。

「指示と命令」の与え方の5つのポイント

5つのポイントを踏まえて、部下への「指示と命令」を与えるようにしましょう。

① 仕事の計画に合っていること

職場のリーダーが与えた指示・命令によって、仕事の計画が達成されるものでなければなりません。

仕事の目的は、計画が達成されることであるため、職場のリーダーは、部下に指示・命令を出す前にきちんとした計画の立案が必要になります。

② 部下が実行できるものであること

与える指示・命令は、部下が成し遂げられるものである必要があります。

また、指示・命令を与えられた部下が成し遂げられる能力を持っていることも必要になります。

そのために、職場のリーダーは仕事の状況、部下の能力について把握しておく必要があります。

③ 必要なことをきちんと伝えること

指示・命令を与えたあとに、あとから追加で指示・命令を補うことは、部下は混乱してしまいます。

そのため、一番初めに指示・命令を与える時点で完璧に必要事項は伝える必要があります。

それ以外の細かい部分は、部下に任せるという姿勢も必要になります。

④ 部下が間違えないようにすること

仕事を円滑に進めるためには、部下がどれだけ指示・命令を理解しているかが重要になります。

そのため、仕事を与える際に「部下に仕事の内容をしっかりと理解させる」ということも職場のリーダーの役割となります。

ただ口頭で伝えるだけではなく、ときにはメモを渡したり、図解に示したりと、部下が理解ができるように促しましょう。

⑤ 部下のモチベーションが高まるものであること

部下に指示・命令を与えるときには、部下の個人差に応じ、与え方やその内容について工夫する必要があります。

特に、部下個人の成長に役立つように気を配ることも忘れてはいけません。

まとめ

部下へ「指示・命令」を与える際に大切な5つのポイント

  1. 仕事の計画に合っていること
  2. 部下が実行できるものであること
  3. 必要なことをきちんと伝えること
  4. 部下が間違えないようにすること
  5. 部下のモチベーションが高まるものであること

リーダーは5つのポイントを踏まえ、トップダウンでただ命令を与えるのではなく、部下の能力を理解し、指示・命令を与えるようにしましょう。