コミュニケーション

対人コミュニケーションをよくする5つのポイントとは?

対人コミュニケーションの重要性

職場のリーダーにとって、うまく効果的に話し合えるかどうかは仕事の成否を左右するほど重要なことです。

それだけ、人と人が繋がりをもって行う業務はコミュニケーションが大切になり、問題が起こる場合には、コミュニケーションのまずさや不十分さが原因となっていることが多いです。

人は、話の内容を正しく理解し、納得しない限り、求めているやり方で行動を起こそうとはしません。

従って、より良い対人コミュニケーションはとても大切なものになります。

対人コミュニケーションへの障害因子

対人コミュニケーションに障害があると、送り手が意図しているとおりには、メッセージが受け取られなくなります。

メッセージが受け取られなくなるということは、受け手の理解度が小さくなり、送り手が求めている行動や結果が得られにくい状態になるということです。

対人コミュニケーションの障害になる原因は以下のようなものがあります。

1.解釈の違い

送り手と受け手は同じ人間ではありません。つまり、それぞれの価値観、受けた教育、成育歴、過去の経験、現在の趣味・関心などは異なるわけです。そのため、同じ状況に置かれ場合でも違った解釈をすることがあります。

2.使う言葉の意味合い

同じ言葉であっても、その言葉の使い方・言い方によって個人個人捉え方が異なってきます。意味の取違いが起きた場合には、思い違いが起こり問題やいざこざが起きてしまいます。

3.誰の言葉か

「何を言っているか」よりも「誰が言っているか」の方が重視されることが多いです。同じ言葉でも、地位や役職が使用した場合では同調されやすかったり、知識がある人が発した言葉の方が重みがある受け方をされます。

4.その場の環境

その場の環境によって伝わり方が変わります。声が小さくて聞き取りにくかったり、周りがうるさくと話が聞こえづらかったり、座る位置が離れていたりと送り手と受け手のいる環境も大切になります。

対人コミュニケーションを良くする5つのポイント

より良い対人コミュニケーションはスムーズな業務遂行だけでなく、普段の人間関係についても良い影響をもたらします。

では、実際に対人コミュニケーションを良くするためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

対人コミュニケーションを良くするポイントについて説明します。

1.相手の立場を考え、捉え方を予測する

自分の発した言葉、提案する考えが必ずしも正しいわけでも理想的なものでもありません。相手がどう受け取り捉えるかで変わってきます。そのため、話をする前に相手の立場や捉え方を予測し、理想的な受け取られ方をするためにはどのように話をするべきかを予測することが大切です。

2.話をする順序を考えておく

話す内容は自分では理解していて当たり前です。その内容を相手がどれだけ理解するかが重要なことです。ただやみくもにダラダラと話をしても相手は理解しずらいです。話をする内容をどのように話していくか順序を考えておくことが大切です。

3.わかりやすい言葉で聴き取りやすく話す

難しい言葉や専門用語を並べて話をしても相手が理解できない場合があります。また、小声でボソボソと話をしても相手は聴きづらいです。相手がわかりやすい言葉を選んで話し、またはっきりと適度な大きさの声で話をすることが大切です。

4.相手の理解度を確認する

一方的に話をしても結局自分の自己満足で終わってしまいます。話を聴いている相手の表情や身体の動きを観察することが大切です。また、ときおり質問を投げかけ理解しているかを確認することも大切です。

5.相手の疑問にきちんと対応する

相手が自分の話に興味を持っているからこそ、疑問が生まれます。その疑問をないがしろにするのではなく、きちんと対応することで相手の理解度は高まります。

まとめ

人とコミュニケーションをとるときには、自分が思った通りに相手に話が伝わらないこともあります。

その原因としては、「物事の解釈の違い」「使う言葉の意味の取違い」「誰が発している言葉かどうか」「話している環境によるもの」があり、それらに対応することで対人コミュニケーションをより良いものにすることができます。

また、相手に話をする際に以下の5つのことに注意をすることで対人コミュニケーションを良くすることができます。

  1. 相手の立場を考え、捉え方を予測する
  2. 話をする順序を考えて話をする
  3. わかりやすい言葉で聴き取りやすく話をする
  4. 相手の理解度を途中で確認する
  5. 相手の疑問にきちんと対応する

対人コミュニケーションのスキルを高め、より良い人間関係を構築していきましょう。