メモ

金魚すくい、何匹すくったことがある?

新型コロナウイルスのせいでたくさんのお祭りが中止になっています。

そんな中、お祭りの風物詩である「金魚すくい」についてのアンケートがYahoo!ニュース みんなの意見でありました。

アンケート内容は「金魚すくいで何匹ぐらいすくったことがあるか」というものでしたが、どのくらいすくったことがありますか?

「金魚すくい」何匹すくったことがある!?

アンケート結果は以下の表の通りです。

1~4匹3248票48.7%
10匹以上1154票17.3%
1匹もすくえたことがない1105票16.6%
5~9匹725票10.9%
やったことがない440票6.6%

一番多いのは1~4匹です。

まぁそんな感じですよね(^^;)

ちなみに私は最高2匹だったと思います。

金魚すくいはかなり難しい部類のものになると思いますし、それでも10匹以上すくっている人が案外多いことが驚きです。

5~9匹よりも10匹以上の方が多いことを考えると、5匹以上すくえる人はかなりのテクニシャンで10匹以上すくっちゃうんでしょうね。

すごいです。

ちなみに、金魚すくいって帰ってからが大変ですよね。

失敗しても3匹ぐらいはもらえますから雰囲気に飲まれて持ってかえるのですが、家に水槽と酸素ポンプがなければすぐに死んじゃいます。

金魚はえら呼吸なので、水槽の水に酸素を送らないと金魚は呼吸できません(^^;)

お祭りで金魚すくいをされる方は、きちんと家に金魚を迎える準備もしてほしいと思います。

金魚は大事にすれば長生きします

金魚は大切に育てるとかなり長生きで、平均寿命はだいたい5~10年にもなります。

ちなみにギネス記録では43年も生きた金魚がいるみたいです。

それを考えると、お祭りから持ち帰った金魚があっという間に死んでしまうのはそれだけ管理ができていないということになります。

せっかく持ち帰った命です、大切にしてあげてください。

長生きすればどこまで大きくなるのか???

5~10年も長生きするならどこまで大きくなるんだ???なんて思っちゃいますが、金魚の大きさはエサの上げ方で調節できるみたいです。

エサの頻度で成長の具合は変わるらしく、大きくしたいなら1日4回エサをあげればいいみたいですし、大きくしたくないなら1日2回にエサの回数を減らせばいいみたいです。

ちなみにしっかりエサをあげ続けると体長は30cm、重さは500gまでなることもあるらしいです。

そこまでなるともはやコイに近い感じですね・・・(^^;)

金魚は食べられるのか?

金魚は長生きすれば大きくなる。

ということは、食べることもできるのか?

さすがに、私は食べようと思ったことはないですが、うちの嫁は小さい頃に金魚すくいで取ってきた金魚を育てて食べようと考えたことがあったみたいです(^^;)

食べることができるのかを調べてみると、魚であることには変わらないので飼育次第では食べることが可能ということでした。

飼育次第とは、きれいな水で餌もエビなどの良質のたんぱく源を与えれば…ということみたいです。

さすがに人口の餌だけで大きく育ったとしても生臭いとのことでした。

ちなみに、個人的には金魚をそこまで頑張って飼育して食べるよりも、スーパーでアジでも買って食べる方が良い気がします。

少し脱線しましたが、金魚すくいの話でした(^^;)