リーダースキル

組織におけるリーダーの3つの役割とは?

組織におけるリーダー。

そのリーダーには、求められる役割があります。

その中でも重要な3つの役割について説明します。

リーダーの3つの役割とは?

組織における「リーダー」には、その組織をより良い方向に導くために重要な役割があります。

その中でも、特に重要な役割として、下に記載した3つのものがあります。

組織の方向性を示す

組織の先頭に立つ

部下の成長を導く

具体的にどのような意味を持つのか説明していきます。

1.組織の方向性を示す!!

組織の置かれる環境は刻々と変化します。

そのような中で、リーダーは組織を動かし、目標を達成していく必要があります。

組織を動かすということは、各個人に好きなように業務をさせるのではなく、組織としてどこへ向かうのか、方向性を示す必要があります。

方向性を示されることにより、組織の中にいる部下も自分のすべきことを認識しやすくなります。

仮に、リーダーが方向性を示さず、ただ指示を出すだけだと、部下はゴールが見えない状態で進むことになり、精神的にも肉体的にも疲弊してしまいます。

2.組織の先頭に立つ!!

「リーダー」はその組織の模範になることが重要です。

自分が先頭に立つことで、部下の信頼を得ることができます。

このとき、部下は、リーダーの業務に対するスキルの高さ、人間性も見ています。

全てが完璧にできる必要はありませんが、まったくできないでは話になりません。

また、「自分に甘く、部下に厳しい」では、部下から信頼はされません。

部下に厳しくする以上に自分に厳しくするぐらいが良いです。

3.部下の成長を導く!!

「リーダー」は、自分だけで全てを請け負ってはいけません。

これは、全ての業務を自分で行ってはいけないということです。

業務の中で、部下を成長させ、新しい能力を身につけさせることもリーダの役目です。

部下を信じ、業務を任せること。

そうすることで、部下は経験を積み、成長していきます。

「部下に業務を任せる」という行為は、ただ闇雲に部下に業務を押し付けるわけではありません。

部下の能力を見極めた上で行い、”長所を伸ばす業務の任せ方””短所を克服する業務の任せ方”の2通りがあります。

どちらの業務の任せ方も、部下の能力をきちんと把握し、ちょうどよい業務を任せる必要があります。

得意な業務を任せる場合は、簡単すぎると部下は成長しませんし、不得意な業務を任せる場合は、難しすぎると部下は業務を達成することができなくなります。

長所を伸ばす業務の任せ方

その部下の得意な業務を与え、長所をさらに伸ばしていく

短所を克服する業務の任せ方

その部下の不得意な業務を与え、短所を克服させる

まとめ

組織のリーダーとしての役割は、自分が常に前に出て、すべての業務を行っていくのではなく、いかに部下と一緒になり、業務を行っていけるかが重要になります。

リーダーは別に目立つ必要もありません。

結果的に、組織として与えられた目標が達成され、部下が成長していければよいのです。

導いていける存在、それがリーダーのあり方になります。