リーダースキル

信頼されるリーダーに必要な3つのスキルとは?

組織におけるリーダー。

そのリーダーには、その組織をまとめることが求められます。

ただ、部下から信頼されていなければ、組織をうまくまとめることはできません。

信頼されるリーダーになるために必要な3つのスキルについて説明します。

信頼されるリーダーになるために!!

組織における「リーダー」には、その組織をより良い方向に導くために重要な役割があります。

ただ、良い方向に導こうとしても、そのリーダーが部下に信頼されていなければ、なかなかうまくいきません。

人は、信頼していない人の言葉になかなか耳を傾けないからです。

それだけ、リーダーと部下の信頼関係というものは、組織として業務を行う上では重要なものだということです。

部下から信頼されるリーダー。

実際にどのようなスキルが求められるのでしょうか?

視野の広さ

業務スキル

コミュニケーションスキル

リーダーとして部下に信頼されるには、この3つが特に求められるスキルになります。

具体的などのような意味を持つのかを説明していきます。

1.視野の広さ

リーダーはチームの方向性を示す必要があります。

その方向性を示すためには、広い視野で物事を考え、またチームの状況を把握することが必要になります。

大きい組織になると、書類やその場の情報だけで物事を確認してしまうことが多くなります。

ですが、そのような場合でも、相手の状況や現場の状況を想像できるだけの「視野の広さ」が必要になります。

時間が作れるのなら、現場に足を運ぶぐらいの柔軟性があるとよいです。

「聞いて想像する」のと「実際に見て感じる」のでは、情報量が全く違います。

2.業務スキル

リーダーは先頭に立ち、皆を導きます。

つまり、業務としてある程度以上のことはできなくては話になりません。

仕事に精通し力量が身についていること。

このことが、リーダーにとって大切なことです。

リーダーは、その業務を理解し、把握していることによって、様々なことに対応できるようになります。

もしも、リーダーが業務に対し、自信を持って向き合うことができなければ部下は不安に陥ってしまいます。

リーダーは、業務に対し自信をもち、前向きで挑戦的に行動を起こす必要があります。

3.コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルというのは、ただ部下と世間話をすることではありません。

思いやりがあり、誠実であり、公平であること、などの人間的な魅力の部分も含まれます。

リーダーは、業務外のオフの状態においては、部下となれ合っても構いません。

ですが、業務中は適切な距離感を保ちながら、様々な話をする必要があります。

その中で、部下の特性・長所・短所を把握します。

そして、それに合わせて業務を与え、成長を促す必要があります。

業務の与え方としては、「得意な業務を与え、長所を伸ばす方法」「苦手な業務を与え、短所を克服させる方法」がありますが、苦手な業務を与える場合には部下のストレスが大きく不満が溜まりやすいので注意が必要です。

また、部下との距離感にも注意が必要です。

リーダーも人間です。

もちろん、合う合わないがあります。

そのような場合、公平性にかけてしまうことがあります。

そうなると、あっという間に部下からの信頼を失ってしまいます。

一部の部下と距離が縮まりすぎると、そのようなことが起こりやすいです。

常日頃から自分自身の言動を客観視し、部下との距離感に注意しておくことが大切です。

まとめ

リーダーがいかに仕事ができると言っても、組織の業務を全て一人で行うことは不可能です。

そのため、リーダーは、組織の目標をいかに部下と協力して達成できるかが重要になります。

部下と協力して業務を遂行していくこと。

それには、部下との信頼関係を気付けていることはもちろんのこと、リーダーが部下を導けるだけのスキルを備えていることも重要になります。