リーダースキル

理想的なリーダーに求められる6つの項目とは?

理想のリーダー

あなたはどのようなリーダーの下で働きたいですか?

また、あなたはどのようなリーダーになりたいですか?

人それぞれいろいろなリーダー像があるかもしれません。

では、実際にどのようなリーダーが職場に求められるかについて6つの項目を挙げて説明していきます。

1.正しい決定をくだす

リーダーはその場の中心として動いていきます。

そのため、リーダー自体が目標や問題に対してあやふやであったり、一度決めたことを簡単に覆し行動を変えてしまうと、現場は混乱してしまいます。

リーダーは、現場の状況を理解し、問題解決や目標に対して適切な決定をくだせることが大切です。

2.人に行動を起こさせる

リーダーが周りよりも高い能力を持つことは当然ですが、だからといってリーダーが全ても背負い、一人だけで業務を行うわけでばありません。

部下の能力や気持ちを理解し、やる気を出させ、共に行動するように働きかけることもリーダーに必要なことです。

また、それだけではなく上役や他の職場リーダーとの協力体制も重要です。人は一人ですべての事を行うことはできません。

周りとの協力体制を構築する能力もリーダーには必要です。

3.リスク管理能力に優れる

何事もすべて順調に進むことが理想ですが、そううまくはいきません。

様々なアクシデントは起こりえるものです。

そのアクシデントを回避できるように、あらかじめしっかりした計画を立て、危険を予測することは重要なことです。

ときには、リスクをおかすことが必要なこともありますが、その場合でもどのようなリスクがあるのかを把握しておくだけで、すぐに対処をすることができます。

このリスク管理能力は職場のリーダーにとって特に重要なスキルになります。

4.責任を引き受ける

自分が中心になって行う業務において、部下に一部の仕事を任した場合であっても、その責任はリーダーにあります。

意見や指示出しだけははりきって行っていても、いざ何かが起きたときに、矢面に部下を立たせるようではリーダーの資格はありません。

5.全ての人に対し公正な態度で臨む

人には感情があり、好き嫌いもあります。

ただ、その感情を表に出していてはチームはまとまりません。

常に、公正な態度で臨み、部下に不信感を持たれないようにします。

6.信頼を勝ち得る

リーダーは上司、同僚、部下の間に立つ「連結ピン」の役割を果たす必要があります。

そのため、自分の通常業務に加え、上司の急な業務依頼や同僚からの頼み事、部下の悩み相談などイレギュラーな業務にも対応する必要があります。

そのすべてを上手にさばくことで周りのスタッフからの信頼を勝ち得ることができます。

その多忙な業務おいても不平不満をもらさないようにします。

ポジティブな言葉に比べ、ネガティブな言葉は周りのスタッフが聞いていても心地よいものではありません。

もし愚痴を言ってしまいそうなときには、ポジティブな言葉に変換して口に出すようにしましょう。

まとめ

職場において理想とされるリーダーには以下のような能力が求められます。

  1. 正しい決定をくだす
  2. 人に行動を起こさせる
  3. リスク管理能力に優れる
  4. 責任を引き受ける
  5. 全ての人に対し公正な態度で臨む
  6. 信頼を勝ち得る

リーダーだからといって、このすべてが身についているわけではありません。

もしご自分が職場のリーダーとして部下をまとめていくのであれば、この6つの項目を身につけることができるように努力していきましょう。

リーダーとしてのスキルが高いほど、部下も働きやすく職場の雰囲気も良いものに近づいていきます。