メンタルヘルス

新しい自分の作り方!!

今の自分に満足していますか?

多くの方が、今の自分に満足しているとは答えないと思います。

それが当たり前です。

今の自分に満足してしまえば、そこで成長は止まってしまいます。

日々の生活の中で、新しい自分を作っていくことは大切なことです。

それが大きな変化でなくても少しの変化でもいいのです。

新しい自分になりたい

私は、常日頃から「新しい自分」に変化したいと思って行動しています。

それは、今よりも成長した自分という意味です。

とは言っても、どこぞの宗教に入るとか、今の仕事を辞めてまっさらになるなど、勢いで何かをするという意味ではありません。

では、どのようにして新しい自分に変わるのか。

いきなり変化するのではなく、徐々に変化し、いつの間にか新しい自分に変化しているということが大切です。

新しい自分になるために必要なこと

まず、新しい自分になるためには、現状のままの生活・行動ではいけません。

新しい自分になるために、新しい何かを始める必要があります。

新しい自分 = 新しい何かを始める

それは、知識を増やすことや、体を動かすこと、誰かと交流を深めることなど様々です。

その中身は何でも構いません。

あなたが、新しい自分になるために始めたことなら何でも良いのです。

自分に変化を起こす

今と違う自分になるためには、今と同じ生活・行動ではいけません。

新しい自分になりたいのに、生活の中身が何も変わらないのであれば、何の変化も起きないからです。

何か新しいことを始めるときに、「何をしたいかがわからない」と言われる方がいらっしゃいますが、そのような方は、週に1度でいいのでジムに通うなり、週に1冊本を読むなりしてみましょう。

○○に1度のなにか

新しい自分を求める方にとって、この「○○に1度のなにか」という行動はとても重要なものです。

  • 週に1度のジョギング
  • 週に1度のヨガ教室
  • 週に1度の読書
  • 月に1度のセミナー
  • 月に1度の異業種交流会

この○○に1度というのが、なぜ重要なのかはあとで説明しますが、まずは定期的に1度の何かを決めてしまいましょう。

週に1度や月に1度の「○○に1度」で始める

張り切りすぎない

この「○○に1度」で注意することは、張り切りすぎないことです。

この「○○に1度」というものは、「1日に1度」とすると、”毎日”ということになります。

毎日するということは、その時点で今まで自分と異なる自分になってしまっています。

つまり、急に自分に大量の負荷をかけるということになります。

その状態を続けることができるほど人間の精神力は強くできていません。

不慣れなことを毎日継続するということは、それだけ難しいということです。

あくまでも、無理のない範囲で決定し、週に1度や月に1度程度がちょうどよいです。

張り切りすぎない

とりあえず行動してみる

たまに、「○○に1度のなにか」を見つけられない方がいます。

そのような方は、とりあえず何でもよいので始めてみてください。

始めることに興味があろうがなかろうが、別に構いません。

何も行動しないのなら、いつまでたっても何も変わらないからです。

興味がない何かを始めたとして、数回でやめることになったとしても、それも経験になります。

何もしないよりかはましです。

自分で思いついたものでも、他人に助言されたものでも、最終的に自分の意思で「始めよう!!」と動かなければ何も始まりません。

自分の意思で「始めよう!!」と動き出すことが、新しい自分になるために必要なことです。

何もないではなく、何でもいいので始めてみる

いきなり人は大きく変われないことを知る

何かを始めると、すぐに結果を求める方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

今の自分は、今まで生きてきた人生の時間の積み重ねで作り上げられました。

その自分が、「○○に1度のなにか」だけで、いきなり大きく変化することはかなり難しいです。

「○○に1度のなにか」では、あなた自身が変化するのではなく、あなたの行動が変化したのにすぎません。

そのため、まずはその変化に心や体を慣らすことが大切です。

いきなり人は大きく変われないことを知り、まずは、新しい生活リズムを受け入れましょう。

変わる前に、まずは慣れる

少しずつ自分を変えていく

新しい生活リズムに慣れてしまえば、「○○に1度のなにか」が自分の中でいつの間にか「当たり前のなにか」に変化していきます。

その時点で、初めの自分とは異なる自分に成長しています。

この変化の訪れは、人それぞれ異なります。

1月後なのか、半年後なのか、1年後なのかわかりません。

ただ、続けていればいつかは訪れる変化です。

新しい自分になるために新しいことを始めることは、簡単なようでとても難しいことです。

だからこそ、長続きするように少しずつ新しいことにチャレンジしていくことが大切です。

はりきって週3回しようと思うところを週1回ずつ行うなど、最初は飽きない程度に行います。

最初の目的は、「大きく変化した自分」ではなく、「長続きできている自分」です。

週3回を3ヵ月で飽きてしまうより、週1回を1年以上続けた方がトータルの回数も多いし効果的です。

長続きして、それが当たり前である自分をつくる

1年後は今と違う自分になる!!

運動をしていなかった方が、週に1回運動を始めるようになった。

それが、1年続いた。

これは本当にすごいことです。

週に1回ということは年間52回(365日÷7日=52週)です。

1年365日のうちの52日間は新しい自分で過ごしたことになります。

ひょっとしたら、1年続けたことで週に1回ではなく、週に2回のときが出てくるかもしれません。

週に1回運動していることが当たり前になっていることが重要です。

運動以外のことでも同じです。

新しいことを週に1度でも長続きするように続けること。

それを続けることで、1年経てば、新しい自分になっているのです。

毎日の積み重ねなので、自分では大きな変化のように感じないかもしれません。

ただ、1年振りに会った友人や知り合いから見たらあなたは別人になっているはずです。

まとめ

人は成長する生き物です。

しかも、自分で成長しようと思い行動すると、その成長速度は何倍にも膨らみます。

他人を羨ましいと思っていた人が、いつのまにか成長して、他人に羨ましがられる存在になっていることはよくあることです。

今のままの自分に満足しているのなら別に構いませんが、もっと成長したい、新しい自分になりたいなど、自分を変化させたいのであれば、少しずつでいいので新しいことを始めていきましょう。

まずは自分の意思で「始めよう!!」と踏み出すことが大切です。