雑記

『濃縮還元』とは?いつでもおいしく100%ジュースが飲めるのは「濃縮還元」のおかげらしい

毎日飲む100%のリンゴジュース。

リンゴは11月~12月の寒い時期が旬ですが、よく1年中収穫できるものだと感心してしまいます。

ただ、ふとリンゴジュースの紙パックを見ると「濃縮還元」の文字が・・・。

この「濃縮還元」とはどのようなことを表しているのでしょうか?

100%ジュースを作るための3つの製法

100%のジュースを作るときには3つの製法があります。

そして、その3つの製法とは、下に挙げたものになります。

  • 生ジュース
  • ストレート
  • 濃縮還元

つまり、「濃縮還元」とは、100%のジュースを作るときの製法の一つということになります。

この3つの製法について、それぞれまとめていきます。

生ジュース

「生ジュース」は、フルーツをミキサーですり潰して、その場で100%のジュースを作る製法になります。

よく、デパ地下などで売っているのを見かけます。

飲む直前にミキサーにかけて作るので、一番新鮮な100%のジュースになります。

ストレート

「ストレート」は、新鮮な野菜や果物を搾り、その果汁を低温保存したものになります。

ストレートの製法で作った100%ジュースは容器に詰めて売っています。

生ジュースに比べると、作ってから時間が経っているので鮮度は落ちていますが、熱を加えていないので、栄養素や酵素に大きな変化はありません。

濃縮還元

「濃縮還元」は、生ジュースやストレートの製法とはかなり異なります。

まず、野菜や果物をすり潰し、その中の水分を飛ばします。

そして、水分を飛ばしたものを5倍程度に濃縮させます。

その後、濃縮され、ペースト状になったものを冷凍保存します。

100%のジュースを作るときに、冷凍してあるペーストに水分を加え、ジュースの状態に戻します。

3つの製法のメリット・デメリット

生ジュース・ストレート・濃縮還元の3つの製法を比較すると、それぞれにメリットとデメリットがあります。

生ジュースだと他の製法に比べると、しぼりたてを飲むことができる分、味は美味しいし、栄養も高くなりますが、その分費用がかかります。

濃縮還元だと、冷凍保存されているため、一年中飲むことができるし、費用も安いですが、味や栄養を考えると、生ジュースやストレートには劣ります。

栄養値段
生ジュース優れる高い
ストレート普通普通
濃縮還元劣る安い

100%のフルーツジュースを飲むのであれば、生ジュースが一番です。

ただ、旬の時期でないとフルーツが手に入らなかったり、値段が高かったりと、定期的に飲むのにはハードルが高いというデメリットもあります。

それに比べ、濃縮還元で作られたジュースは、冷凍保存されたフルーツジュースのもとを水分で戻して作っているため、一年中安い値段で提供されています。

飲みたいジュースを、飲みたいときに、飲むことができる。

しかも、安い値段で。

こんなことができるのも、濃縮還元のおかげです。

ありがたいことですね(*^^*)