リーダースキル

リーダーがしている7つの業務とは?

職場においてリーダーは、与えられた部署内で中心的な働きをすることになります。

そして、その働き方は関連する上司や部下に大きな影響を与える立場でもあります。

そのため、職場のリーダーは会社の中において、効率的・効果的に業務を進めていかなければなりません。

では、どのように業務を進めていけばよいのでしょうか?

リーダーがしている7つの業務

基本的に、リーダーは下にまとめた7つの業務を段階的に進めることによって、効率的・効果的に業務を行っています。

1.上司よりの指示・命令を受ける

職場リーダーは、何かを始めようとするとき、まずは上司より指示・命令を受けます。

ここで、大切なのはただの指示受けにならないことです。

上司からの指示の先には、さらに大きな目標があるはずですので、依頼された業務が最終的にどのように使用されるかも見据えなければなりません。

ここでは、職場リーダーの ”理解力” が重要になってきます。

2.指示・命令にそった計画を立てる

職場リーダーは、上司から指示・命令を受けた後にその指示・命令にそった計画を立てなければなりません。

そのため、指示・命令をきちんと理解していることが重要です。

また、計画の立案には、部下にどのような仕事を振り分けるかも考慮する必要があり、部下の能力をきちんと分析できているかが問われます。

ここでは、職場リーダーの ”理解力” と ”分析力” が重要になってきます。

3.計画に合わせ、部下の職務の割り当てをする

職場リーダーは、業務の計画を立てた後、その計画に合わせ部下に職務を割り当てなければなりません。

部下への職務の割り当ては、その業務の求められているスピードによっても変化します。

職場リーダーは、部下の成長も促さなければなりません。

得意な業務ばかりでなく、苦手な業務を取り組ませ経験を積ます必要があります。

部下への業務の割り当ては、部下の能力をきちんと把握していなければなりません。

ここでは、職場リーダーの ”分析力” が重要になってきます。

急ぎの業務の場合

業務を割り当てる際に、その業務が得意な部下に振り分けるようにする。

通常の業務の場合

業務を割り当てる際に、部下を成長させるために、あえて苦手な業務を部下に振り分けるようにする。

4.割り当てた部下の仕事について、管理・指導をする

職場リーダーは、部下へ業務の割り当てをした後は、ただ部下の報告を待つのではなく、進捗状況の確認や指導を行う必要があります。

そこには、職場リーダーからの確認や部下からの相談など、どちらからもコミュニケーションを取りやすいように普段から信頼関係を築いておくことが重要です。

指導においては、上から厳しく指導するのではなくまずは部下の意見を聞き、その中で必要なことをアドバイスしていく姿勢も求められます。

部下が働きやすい環境を作ることも、職場リーダーの役割になります。

ここでは、職場リーダーの ”コミュニケーション力” や ”指導力” が重要になってきます。

5.部下より報告を受け、仕事の評価を行う

部下は、割り当てられた業務が終了すると職場リーダーへ報告を行います。

職場リーダーは、部下からの報告を受け、評価を行う必要があります。

評価は、「仕事の難易度」「部下の能力」を加味し、他の部下と不平等にならないように行わなければなりません。

職場リーダーも、人間なので、どうしても自分の感情が入ってしまう場合が多いのが現状です。

ここでは、職場リーダーが ”客観視する能力” が重要になってきます。 

6.必要に応じ上司に報告し職場リーダー自身も評価を受ける

すべての部下からの報告が終了した後は、それをまとめ、職場リーダーも上司に報告し、評価を受けなければなりません。

上司は、指示・命令に対してどれほどのことができているかを評価するわけですから、どれだけ職場リーダーが上司からの指示・命令を理解し、計画を立て、部下に割り当て、結果を出せたかが重要になってきます。

そこで注意しなければならないのが、「過程(プロセス)」より「結果」をきちんと報告することです。

結果を出せなかった場合、どうしても過程(プロセス)ばかりを主張してしまうことがあります。「上司が求めている目標に対しての結果」をきちんと報告しましょう。

どのような結果であっても、上司に対する説明の仕方で上司の印象も変わってきます。

ここでは、上司に対する報告の仕方 ”プレゼンテーション力” が重要になってきます。

7.上司の評価に応じて計画の調整を行う

上司に結果を報告した後は、上司の評価を受けます。

その上司の評価で、まだ修正や調整が行える場合には、それに応じて計画の見直しが必要になります。

見直しにより、調整を行い、さらに良いものを作るためです。

ここでは、見直しによりすべての工程を再度、繰り返す必要があります。

まとめ

今回、まとめた7つのことは、簡単にできることではありませんし、リーダーごとで差があります。

リーダー自身も、自分ではできているつもりでも、周りのスタッフから見るとできていないこともあります。

リーダーの業務においては、自己評価ではなく、他者評価がとても重要になってくるということです。

  • 理解力
  • 分析力
  • コミュニケーション力
  • 指導力
  • 客観視する能力
  • プレゼンテーション力

これらの能力は、一朝一夕で見につくものではないので、普段からの心のあり方や業務への取り組みの姿勢が重要になってきます。