コミュニケーション

ダメなコミュニケーションの7つの原因

コミュニケーションの取り方

周りの人と仲良くなれない。

なかなか信頼関係を築けない。

相手が自分を遠ざける。

上司とうまくやり取りができない。

部下が自分と距離をとろうとする。

そのような場合には、自分のコミュニケーションの取り方に問題があるのかもしれません。

相手が自分のことをどうとらえているのか?

この部分について考えてみましょう。

相手があなたと距離をとろうとするということは、相手にとってあなたがコミュニケーションを取りずらい人間ということになります。

自分が、相手にとって不快な気持ちにさせないコミュニケーションを取れているかどうか、そのことをまず確認してみましょう。

ダメなコミュニケーション:7つの原因

コミュニケーションをうまくとれていない方にはその原因があります。

自分のコミュニケーションの取り方が、この中のどれかに当てはまっていないかを確認してみましょう。

もし当てはまっているのならば、その部分を意識して改善してみましょう。

1.相手の話を聞かない

自分の気持ちはどれだけ隠しても態度に出てしまうものです。

  • 「この人の話はおもしろくない」
  • 「どうせたいした話じゃないでしょ」

などと、思い込むと自然と相手の話を聞かなくなってしまいます。

2.相手の話を遮って結論を出す

相手が何を言いたいかは、最後まで聞かないと全て把握することはできません。

  • 話の途中で「つまりこういうことが言いたいんだね」
  • 話の途中で「全部言わなくてもわかったからいいよ」

などと、相手の話を遮ってしまうと相手はいい気持ちはしませんし、もし相手の話したいことを理解できていなかった場合には、さらに相手を不快にさせてしまいます。

3.自分が理解されていると思い込む

相手は自分が思っている以上にあなたのことを理解してはいません。

  • 「俺のことはわかっているよね?」
  • 「私ってこういう人間じゃん」

などと、相手に自分への理解を過剰に期待すると、相手は不快でしかありません。

4.自分の嫌な話は聞かない

自分がミスをしたときに、注意を受けても謝りもせずにそのことを流してしまっては相手からの信用を無くしてしまいます。

  • 「そこはこういう理由だから仕方ないじゃん。それよりさ・・・」
  • 「そこは僕には関係ない業務だし・・・」

相手を不快にさせたことはきちんと謝るべきです。もし関係がない場合でも、適当に流すのではなく、きちんと相手の意見に対して答えましょう。

5.相手の話し方を評価する

先輩へのため口や後輩への命令口調など、モラルに反するものは問題がありますが、通常の会話の仕方に自分の価値観を押し付けて説教をする人がいます。コミュニケーションはあくまで双方向のやり取りであって、自分が中心で話をするものではありません。

6.相手の人格を否定する

性別、年齢、育った環境、学歴、職種、役職など、人それぞれです。自分と異なる点を否定し、コミュニケーションを取ること自体をやめてしまうことは周りにいる人から見ても不快でしかありません。

7.聞きたい話を選ぶ

自分にとって都合のいい話(聞きたい話、おいしい話)のみを聞き、自分が興味のない話は聞かない。特に、職場内で権限を持つ人がこのような状態だと、不平等な職場になってしまいます。

まとめ

周りの人とうまくコミュニケーションが取れていないと感じるとき、それは、自分自身のコミュニケーションの取り方に問題がある場合が多いです。

周りの人と自分がどのようなコミュニケーションの取り方をしているかをもう一度見つめ直してみましょう。

  1. 相手の話を聞かない
  2. 相手の話を遮って結論を出す
  3. 自分が理解されていると思い込む
  4. 自分の嫌な話は聞かない
  5. 相手の話し方を評価する
  6. 相手の人格を否定する
  7. 聞きたい話を選ぶ

上の7つの項目に当てはまる部分があるのならば、それが原因であなたのコミュニケーションの取り方が周りの人に不快な気持ちを与えている可能性があります。

より良いコミュニケーションを取り、周りと良い人間関係を作っていきましょう。