コミュニケーション

良い人脈を作るための3つのポイントとは?

人と人とのつながり

仕事や趣味を通じて、人と人は繋がっていきます。

その繋がりは浅い付き合いだろうと深い繋がりだろうと繋がっていることには変わりはありません。

その繋がりは人脈として、大きな力を生み出すこともあります。

もちろんそれは、自分にとって良い力のときもあるし、悪い力のときもあります。

どうせ繋がりを持つのならよい人脈を持つことが自分にとっては都合が良いです。

では、どのようにすればよい人脈を作っていけるのでしょうか?

今回は、よい人脈を作るポイントとして3つのことを説明します。

自分にとってだけのよい人脈では・・・

よい人脈を作りたい。

それは多くの人が望んでいることです。

芸能人や有名人、お金持ちの社長など知り合いになって周りに自慢したい人もいるかもしれません。

そのような人は、そんな人達と人脈を作れたらと思っているかもしれません。

ただ、あなたにとってはよい人脈だと思っても、相手からしたらよい人脈かどうかは別です。

コミュニケーションはWin-Winの関係を築けることが重要になります。

つまり、よい人脈を作るためには周りから見てコミュニケーションを取りたいと思われる人間である必要もあるということです。

よい人脈を作るための3つのポイント

実際によい人脈を作るためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

よい人脈を作るための3つのポイントを説明します。

1.相手にとって自分自身がよい人脈になる

誰かと繋がりたいと思ったときに、相手にとって自分が有益な存在でないならならば、相手は繋がりを持とうとはしません。それは、自らに置き換えて考えても同じではないでしょうか?自分が与えるだけの関係性は、自分が相手と繋がりを持ちたいとただ希望するだけなら成り立ちますが、Win-Winの関係性を持ちたいのならば成り立つことはありません。

2.相手を選ぶ

人を見る目を養う。人を見る目がない方は、よく利用され、騙され、被害ばかり受けていることも多いです。騙す方が確実に悪いですが、騙される方も人を見る目がないという部分では問題があります。誰かの人脈を見極めるには、その人の人脈を見ることも参考になります。問題がある人の人脈はやはりそれなりに問題があることが多いです。

3.人脈の更新を心掛ける

昔はWin-Winの関係を保てていたとしても、今はWin-Winの関係を保てないのであればよい人脈とはいえません。人脈は、自分の仕事の変化や環境の変化によって、変化していきます。たまに昔の仲間と合って昔話で盛り上がるのは構いませんが、新しい環境に合わせた人たちの中に飛び込み新しい人脈を構築することが大切です。

まとめ

よい人脈を作るためには、3つのポイントがあります。

  1. 相手にとって自分がよい人脈になる
  2. 相手を選ぶ
  3. 人脈の更新を心掛ける

この3つのポイントを心掛けることが大切ですが、最も重要なのは周りの人から見て自分がどれだけ有益かどうかです。

周りから見て有益な人間ならば、繋がりを持とうと人が集まる人間になります。

あとは人を見る目を養い、自分にとってよい人脈を作っていくだけです。

まずは、自分がどのような人と人脈を作りたいか考え、そのような人になる努力をするようにしましょう。