組織の管理

討論をすることの5つのメリット

”討論” とは一定の議題について意見を闘わせることを言います。

あくまで、意見を闘わせることなので、そこに職場の立場や年齢などをもとに威圧的な態度や暴力的な行為があってはいけません。

一定の議題において、より良い討論が行われた際には、様々なメリットを生み出すことができます。

「討論」は人を考えさ・人の意見を変えさせ・より良い解決策を生む。

そして、「討論の結論」は受け入れられ、実行されやすい。

また、討論は人を育てる。

討論をすることの5つのメリットとは?

より良い討論をすることによって、5つのメリットを生み出すことができます。

① 討論は人を考えさせる

討論は、他人の意見をよく聞きとり、考えなくてはなりません。

そのため、討論を行うことにより、いろいろな角度からものを考える習慣を身に着けることができるようになります。

② 討論は人の意見を変えさせる

多くの討論をすることにより、他人の意見が正しいかどうか、自分の考えが正しいかどうかを理解することができます。

したがって、グループの中で意見を出し合うことにより、意見を変えなければいけない部分もあります。

③ 討論はより良い解決策を生む

一人でいろいろなことを考えるより、複数人で考えることによって、より良い結論を導き出すことができます。

④ 討論の結論は受け入れられ、実行されやすい

自分たちで意見を出し合い、自分たちで出した結論だから、受け入れられ、実行されやすくなります。

⑤ 討論は人を育てる

討論の過程でメンバーが相互に啓発され自然に各人の成長が促進される。

また、同時により良い人間関係も築かれます。

無駄な討論にならないようにするための注意点

討論を行うにあたって、以下のような注意点があります。

上司が部下の意見を聞く気がない

議題があがったとしても上司の中で、答えが決まっている場合に起きやすいです。

答えが決まってしまっていては、討論をしてもどうにもなりません。

これは、上司の傾聴力不足が原因で起こります。

年齢が年下の職員の意見は聞く気がない

討論の場に年下の意見は取り入れようとしない職員がいると起こりやすいです。

ひどい場合には、威圧的な態度をとってしまうこともあるので、そうなると討論の形になりません。

これはその職員の人間力不足が原因で起こります。

自分の意見が否定されると威圧的な態度になる

自分の意見に絶対の自信がある方が陥りやすい状態です。

このような方は周りの意見を聞く姿勢ができていません。

傾聴力不足が原因で起きます。

討論とは、あくまで、意見を闘わせることなので、そこに職場の立場や年齢などをもとに威圧的な態度や暴力的な行為があってはいけません。

そのような状況においての討論は討論にはならず、最終的には一部の意見だけが通る伝達になってしまいます。

このような状況に陥っている職場においては、もはや会議を行う必要もなく紙を配布するだけの伝達で構いません。

討論を行う際には、演説や講演のように聴かせるだけの場にならないようにすることが大切です。

討論にならなかった場合に残るのは「意見を通した権力者の優越感」と「意見を踏みつぶされた部下の屈辱感・劣等感」です。

そして、そのようなことが繰り返されると徐々に形ばかりの討論の場になり、意見は出なくなっていきます。

まとめ

討論をすることには5つのメリットがあります。

  1. 討論は人を考えさせる
  2. 討論は人の意見を変えさせる
  3. 討論はより良い解決策を生む
  4. 討論の結論は受け入れられ、実行されやすい
  5. 討論は人を育てる

複数の人が集まり、何かの議題について討論を重ね、より良いものを構築していくことはとても大切なことです。

ただ、より良い討論ができているか確認をし、無駄なものなっていないか修正することも重要です。