組織の管理

「やらされ感」をなくす!相手をその気にさせる3つのステップとは?

業務に対する「やらされ感」

職場のリーダーは業務を部下に振り分け遂行していかなければいけません。

その業務の与え方は様々ですが、与えられ方によって部下の業務に対するモチベーションは異なってきます。

頭ごなしに指示を与え、部下の意見を聞かずに指示をし、業務を言いつけると、部下の心の中には「業務をさせられている感覚」が強く残ります。

このような状態では、部下も業務に対するモチベーションは上がりません。

部下の業務に対するモチベーションはもちろん高いほど良い結果をもたらしますし、モチベーションが低いほどあまり良い結果はもたらしません。

そのため、業務を与えるときには、この「やらされ感」を感じさせないことがとても重要です。

では、「やらされ感」を感じさせない方法はどのようにしたらよいでしょうか?

それは、部下が業務に対する理解を深め、納得した上で取り組んでいくことが大切になります。

今回は、部下が自らその気になり、モチベーションを上げ業務に取り組むようにするにはどのようにアプローチすればよいかを説明していきます。

「やらされ感」を無くすために部下をその気にさせる

部下が「やらされ感」を持ちながら業務を行うことは、業務へのモチベーションはおろかリーダーに対しての信頼感もなくしていくことになります。

そうならないために、部下が「やらされ感」を感じないようにしなければいけません。

そのためには、部下をその気にさせることが重要になります。

部下をその気にさせるために3つのステップを踏んでいきましょう。

第1ステップ:部下との関係づくり 「安心」から「信頼」へ

部下だからといって、何もかも自分の思い通りに動いてくれるわけではありません。

相手にスムーズに協力をしてもらいたいのならば、普段からの関係づくりが大切になります。

普段から部下とあまり話もせず、難しい顔ばかりしているリーダーには部下は構えてしまいます。

また、まともに仕事もせずに何もかも責任は他のスタッフ任せにしているリーダーは頼りがいがありません。

部下は普段からリーダーの言動を観察しているものです。

部下と普段から何気ないこともコミュニケーションを取り、より良い関係づくりをするようにしましょう。

部下はリーダーとの関係づくりを通して、安心感を得ることでき、そしてその安心感が信頼へと変わっていきます。

第2ステップ:与える業務の説明 「理解」から「納得」へ

部下へ業務の指示を与えるときには、なぜその業務を行うのか、なぜその部下に任せるのかなど部下に理解してもらうことが大切です。

その業務が何のために必要なのかを理解することで、部下は納得してその業務に取り掛かることができます。

この時に、誰でもいいけどその部下に任しているというような適当なことを発言してはいけません。

誰でもいい業務と決定づけることで、その業務はただの雑務に成り下がってしまいます。

これでは、部下のモチベーションは下がってしまいます。

第3ステップ:業務遂行での経験や達成感 「納得」から「行動」へ

人は自らが納得し、意思決定をすることで行動へうつることができます。

部下へ業務を与えたときに、部下が業務の必要性を理解し、納得し、自分から行動することが職場として最も求められることですが、最も難しいことでもあります。

特に、歩合制でもない限り業務を行うことで得られるものは金銭ではありません。

仕事による経験や達成感、このことを仕事をする喜びとして理解してもらうことが重要です。

まとめ

リーダーは部下に業務を与え、それを遂行してもらうことも仕事の一つです。

その上で部下との関係づくりが重要になり、その関係性によって業務の仕上がりも変わってくることもあります。

  1. 部下との関係づくり
  2. 与える業務の説明による部下の理解
  3. 部下が業務を遂行することによる達成感

この3つの段階を踏むことにより、部下をその気にさせ、自発的な業務への取り組みを促すことが大切なことであり、リーダーの目標になります。